2010年04月20日

裁判所批判の阿久根市長 「この件については答えない」(J-CASTニュース)

 「ブログ市長」として波紋を呼んでいる鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、今度は批判の矛先を裁判官に向けている。市役所内のビラをはがしたとして元係長の男性が受けた懲戒免職処分を違法だとして提訴した裁判などをめぐり、竹原市長が司法判断の場面では「6連敗」していることが影響しているものとみられるが、その真意については「答えない」と口をつぐんでいる。

 一連の問題は、竹原市長が2009年4月16日、市職員の給与の高さを訴える紙を市役所内に貼りだしたのが発端だ。

■裁判は1年で「6連敗」

 市長が市議会の2度目の不信任案可決で失職した翌日にあたる4月16日に、元係長が張り紙をはがしたのだが、市長は09年5月に再選。市長は、張り紙をはがしたことを「命令違反」として元係長を09年7月31日付けで懲戒免職に処分にした。

 一連の問題をめぐっては、鹿児島地裁が09年10月21日、元係長の懲戒免職処分に対して効力停止を決定。市側は決定を不服として即時抗告したが、12月4日には、福岡高裁宮崎支部がこれを棄却している。さらに、翌10年3月3日には、鹿児島地裁が元係長に対して給与を支払うように命じ、4月9日には、同地裁が懲戒免職処分は違法と判断。処分を取り消した。これだけで「4敗」だ。これ以外にも、市役所内にあった市職員労働組合(市職労)事務所の使用許可を取り消した件について、鹿児島地裁が処分の執行停止を決定したり、処分は違法だとする判決を出したりしているので、ざっと1年で「6連敗」だ。

■「判決文を見れば、裁判官は私達を見下しているのが分かる」

 これが影響しているのか、これまでは労組、市議会やマスコミを主に批判していた竹原市長のブログ内での批判の対象に、裁判所も加わったようだ。

 4月11日には、

  「竹原市長様四月九日の裁判の敗訴オメデトウございます←東京の方からこんな祝電をいただきました」

などと書かれた画像がアップロードされた。画像の中では、四角い枠の中に論点が1つずつ箇条書きされており、ワクの中には

  「あいまいな表現で人を裁く!! 」→「二流の裁判官が苦しいとき良く使う言葉」
  「結論→裁判所は気楽な商売だそうです」
  「市長に与えられている微弱な権限で良く健闘しているという意味での→祝電だそうです」
  「東京の方のお話の内容は大体こんな様な内容でした

といった言葉が並べられている。

 どうやら、「東京の方」からの裁判官批判のメッセージを、市長が図にまとめてブログで紹介した、ということのようだ。また、市長は、画像ではない地の文で

  「中身の無い判決文を見れば、裁判官は私達を見下しているのが分かる。結論は一緒でも、もう少しホンネを上手に隠したものの言い方が出来てもよいのではないだろうか」

とも書いている、4月12日にも、裁判官の俸給表らしき画像を掲載しており、高給批判につなげたい考えのようだ。

 この真意について竹原市長に聞こうとしたところ、「この件については答えない」の一点張りで、裁判に関連した取材に応じない理由については「考えがある」と述べるにとどまった。


■関連記事
行列のできる裁判所 押尾初公判に2200人 : 2009/10/23
植草元教授「セクハラ癖はあった」 裁判所が認定した「過去」の事実 : 2008/09/10
独立し相互牽制する立法・行政・司法の三権分立制 : 2008/12/10
「働かずに子作り」と生活保護 虐待死は「行政の未必の故意」説 : 2010/04/12
急成長!女性向け「お色気ケータイコミック」市場 : 2010/04/09

最大7・5mの雪の回廊開通、岩手と秋田結ぶ(読売新聞)
「大阪都」どうなる?…19日に橋下知事が新党(読売新聞)
<明石歩道橋事故>元副署長を20日に起訴(毎日新聞)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
「私もぼやぼやしていられない」と自民・谷垣総裁(産経新聞)
posted by ササダ シンイチ at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑−東京高裁(時事通信)

 東京都八王子市の京王八王子駅ビルで2008年、アルバイト店員ら女性2人が刃物で殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元会社員菅野昭一被告(35)の控訴審判決が14日、東京高裁であった。植村立郎裁判長は「被告の精神遅滞は強く、酌むべき事情に当たる」として、無期懲役とした一審東京地裁立川支部判決を破棄し、懲役30年を言い渡した。
 植村裁判長は一審と同様、被告の完全責任能力を認定。その上で「当初から無差別大量殺人を計画していたとは認められず、被告の精神遅滞を考慮すると、一審判決は重過ぎる」と、減刑理由を述べた。
 判決によると、菅野被告は08年7月22日夜、同駅ビル9階の書店で、アルバイト店員斉木愛さん=当時(22)=の胸を洋出刃包丁で刺し殺害、20代の女性客の腹なども刺し重傷を負わせた。 

【関連ニュース】
ナイフで突然女性襲う=殺人未遂容疑で27歳女逮捕
職質警官刺され重軽傷=男が逃走
両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く?
刃物強盗、男2人を逮捕=薬局に押し入り70万円奪う
酒店主強殺で無職男に無期懲役=「殺意に基づき計画的」

【新・関西笑談】喜びを力に、共に生きよう(4)(産経新聞)
体にあざの女児が意識不明、通報の母ら虐待か(読売新聞)
石原知事、「若い奴は腰抜け。このまま死ねないよ」(産経新聞)
首相、6月訪中へ 上海万博日本デーに出席(産経新聞)
<村本さん銃撃>「あの笑顔で帰れず残念」妻の恵美子さん(毎日新聞)
posted by ササダ シンイチ at 21:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

<訃報>武田良行さん74歳=武田良太自民党衆院議員の父(毎日新聞)

 武田良行さん74歳(たけだ・よしゆき=武田良太自民党衆院議員の父、豊津観光開発代表取締役)6日、肺炎のため死去。葬儀は8日午後1時、北九州市小倉北区上富野3の2の8のサンレー小倉紫雲閣。自宅は同市小倉南区城野3の12の2。喪主は長男良太(りょうた)さん。

新党、5人確保=10日に旗揚げ会見−平沼氏ら(時事通信)
<B型肝炎訴訟>原告団が和解勧告受け入れ確認
足利事件 検証結果、最高検も公表 「本部係検事」を全国配置(産経新聞)
自転車・徒歩で30年間日本縦断 73歳「青春」燃ゆる (産経新聞)
09年医薬品売上高、高成長を実現―バイエル薬品(医療介護CBニュース)
posted by ササダ シンイチ at 03:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。