2010年05月21日

H2A「ほぼパーフェクト」…打ち上げ成功で安堵の種子島センター(産経新聞)

 数キロ先まで届く轟音(ごうおん)を響かせ、日本初の金星探査機「あかつき」などを載せた国産大型ロケット「H2A」17号機が21日早朝、鹿児島県の種子島宇宙センターから宇宙へ飛び立った。

 全長約53メートルの機体は白煙を噴き上げ、一直線に大空を急上昇。見守った多くの関係者や市民らは大歓声で打ち上げの成功を祝い、打ち上げを担当した三菱重工業の幹部は「ほぼパーフェクトだった」と満足げな表情を見せた。

 あかつき計画をまとめる中村正人・JAXA教授は「あかつきは既に金星をとらえている。12月7日ごろには到着するだろう」と安堵の笑み。今後2、3日かけて探査機が正常であることを確認するという。

 あかつきとの相乗りで17号機に搭載された小型衛星は計5基。いずれも地球周回軌道や金星へ向かう軌道に投入されたとみられる。

 世界初の宇宙ヨット「イカロス」の森治・JAXAチームリーダーは「これからが本番。何としても成功させ、次の木星探査へつなげたい」と気を引き締めた。

 このほか、公募で搭載された小型衛星の関係者らも打ち上げを見届けた。同センター内の記者室で飛行経過を伝えるモニター画面を見つめ、自分たちの衛星の分離が確認されると互いに握手をするなどして祝った。

 大気水蒸気観測衛星「ハヤト」を開発した鹿児島大学大学院修士2年の手嶋伸一さんは「自分たちが作った衛星が宇宙にあるなんて信じられない」と話した。

【関連記事】
あかつきの分離画像を公開
あかつき相乗り衛星「ハヤト」分離に歓声 鹿児島大
金星探査機「あかつき」を打ち上げ
「あかつき」打ち上げ最終準備 H2A、発射台へ再び移動
金星探査機「あかつき」打ち上げ延期
中国が優等生路線に?

大久保元秘書を聴取=小沢氏処分近く協議―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
千葉「正論」懇話会 遠藤浩一氏講演「民主党バブルは崩壊」(産経新聞)
西宮市議補選で開票トラブル、疑問票を二重入力(産経新聞)
接続遮断、限定的に=年度内実施で合意―ネット上の児童ポルノ対策・総務省有識者研(時事通信)
起訴内容に「間違いない」=民主・小林氏陣営の会計担当者―北教組献金事件で初公判(時事通信)
posted by ササダ シンイチ at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。