2010年02月22日

失業保険の給付期間2倍に=元派遣社員の請求認める−労働保険審査会(時事通信)

 マツダの工場で契約期間を終え退職した広島市中区の元派遣社員本沢正さん(43)の失業保険について、国の労働保険審査会が、支給期間を90日とした広島公共職業安定所の決定を取り消し、180日とする裁決をしていたことが15日、分かった。裁決は10日付。本沢さんが加入する広島県労働組合総連合が発表した。
 マツダは「生産サポート社員」と呼ぶ制度で、本沢さんを一時的に期間従業員として直接雇用していた。しかし、裁決は同制度について、派遣期間が同一職場で3年を超えてはならないとする労働者派遣法の規定に形式的に対応しただけで、実質的に派遣契約が続いていたと認定した。 

<鳩山邦夫氏>首相が母親に資金提供を求めたかは不明と説明(毎日新聞)
青い森鉄道の申請許可=全国最長の地方鉄道に−国交省(時事通信)
北教組事務所を捜索、民主・小林議員側への資金提供疑惑(産経新聞)
<織田信長>公居館跡地に「手水」の穴 岐阜市教委(毎日新聞)
2職員を追加処分=コメ調査虚偽報告−農水省(時事通信)
posted by ササダ シンイチ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。